FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

指輪捨て物語

        4




長い冒険の末、男はようやく山頂の火口にたどりついた。
男は振りかぶり、トルネード投法で思いっきり指輪を火口にぶん投げた。
「さよなら、ステファニー。」
男の口から無意識に言葉がとびだした。
その瞬間、全ての記憶がよみがえった。
男は出会って三日のステファニーに恋をした。
男の行動力はハンパではなかった。異常なほどの行動力の持ち主であった。
男は家に伝わる指輪を持ち出し、ステファニーにプロポーズしたのだ。
ステファニーはこう言った。
「ソーリー、アイ キャント スピーク ジャパニーズ」と。
男の思いはステファニーには届かなかった。
男は英語が全く話せないが、なんとなくステファニーが断っていると感じた。
男の妄想は激しい。きっとステファニーは「汚ったねぇ指輪だなおい。そんなお古の指輪であたいが喜ぶとでも思ってんのかい?あたいを喜ばしかったらダイヤやらルビーやらサファイアやらなにやらかにやらゴテゴテついた、ごっつい指輪でも持ってくるんだなゲヘヘヘ、イ~ッヒッヒッヒ。」と英語で言っていると思ったのだ。
言葉が通じない、すれ違いが生んだ悲劇だった。
男はショックのあまり我を忘れ記憶を失っていたのだ。指輪に抱いていた忌々しい負の感情は、このためだったのだ。
呆然として火口を眺めていた男に後ろから声がかかる。
「いい冒険したな。」
男が後ろを振り向くとそこには魔王と魔王の仲間、オジサンとオバサンが立っていた。
「父さん・・・母さん・・・。」
記憶を取り戻した男ははっきりと思い出した。魔王と魔王の仲間は父と母だったのだ。
父と母は指輪を持ち出した息子を面白がって尾行して見ていたのだった。家に伝わる指輪を捨てようとしたときはさすがに止めたけどね。
うなだれる息子を父は力強く抱きしめ、母はやさしく抱きしめた。
火口を見て母が言った。
「今夜はキムチ鍋ね。」
男の今回の冒険は終わった。つらい冒険であった。
キムチ鍋でも食べて、ゆっくり休むといい。
人生という大冒険はまだまだ続くのだから。



        完
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

指輪捨て物語 | コメント:0 | トラックバック:0 |

指輪捨て物語

       3



もうすぐ頂上だ。
しかし、またも男を試練が襲う。
山頂付近まで登った所で五十代半ばあたりと見えるオジサンが仁王立ちで待ち構えていたのだ。
オジサンの頭はバーコードのような髪型で、白い上下の肌着を着、そして腹巻をまいている。右手には酒の入った一升瓶、左手にはあぶったイカが握られている。
魔王に違いない。
男は臨戦態勢をとった。
オジサンは天が震えるほどの声で男にプレッシャーをかけた。
「貴様の持っている指輪を~~~!よこせ~~~!!!キエエェェ!」
強烈な威圧感が男を襲う。
男が指輪を持っていることを知っているということは、やはり魔王のようだ。
男はとりあえずエクスカリバー(ただの木の杖)でぶん殴ってみた。
「ふはははは、なんのつもりだ、この若造が。だ~っはっはっは。」
オジサンはぶん殴られても大笑いだ。
なんてことだ、全然効いていない。
そうである。オジサンは酒を飲んでいるので痛みをまったく感じないのだ。
おそろしい守備力である。
ひるんだ男の表情をオジサンは見逃さない。疾風迅雷、オジサンは一升瓶で殴りかかった。
「くらええええ!おっとっと、あああれぇえええ」
オジサンは酒によってフラフラしていたので攻撃の弾みで転んで山から転がり落ちていった。
さすが魔王、恐ろしい相手だった。
魔王を退治し、勇者と化した男は山頂へ向かい、歩きだすのであった。



        続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

指輪捨て物語 | コメント:0 | トラックバック:0 |

指輪捨て物語

        2



山を半分ほど登った所で五十代半ばあたりと見えるオバサンが仁王立ちで待ち構えていた。
オバサンの頭はパンチパーマでヒョウ柄のズボンと物凄いでかいヒョウの顔がプリントされているTシャツを装備している。
きっと魔王の仲間に違いない。
男は臨戦態勢をとった。
オバサンは地響きがするような声で男にプレッシャーをかけた。
「貴様の持っている指輪を~~~!よこせ~~~!!!ぐぅぅおおおお!」
強烈な威圧感が男を襲う。
男が指輪を持っていることを知っているということは、やはり魔王の仲間のようだ。
男はエクスカリバー(ただの木の杖)でオバサンに殴りかかった。
オバサンの武器はロデオマシンのようだ。
オバサンはロデオマシンに乗りエクスカリバー(ただの木の杖)の攻撃をかわし、カウンターで男に強烈なパンチを浴びせてくる。
ロデオマシンは前後左右に不規則に動き、敵の攻撃を避け、さらに反動でパンチ力が増すという攻撃と防御に優れた装備である。
さながらボクシングのデンプシーロールのような感じだ。
手ごわいオバサンに男も苦戦を強いられる。
そのとき、男は閃いた。
「フハハハハ、オバサン敗れたり!貴様の弱点を見つけたぞ!」
オバサンは呼吸も荒く答える。
「はぁはぁふー、なにを若造が!ふー、貴様ごときひねり潰してくれようぞ!はぁはぁ、グェエエヘヘヘヘ!ふー」
そうである。弱点はずっと乗っていると疲れることである。
オバサンは二十分位ロデオマシンに乗っていたが疲れて降りてきた。
チャンスとみた男はエクスカリバー(ただの木の杖)でオバサンを退治して先に進むのであった。




        続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

指輪捨て物語 | コメント:0 | トラックバック:0 |

指輪捨て物語

         1




男は気がつくと山のふもとにいた。
ひどく腹が減っている。丸一日何も食べていない位の腹の減り方だ。
そして何故か記憶も無い。
手には指輪が握られているが、この指輪からはなにか忌々しい怨念のようなものを感じる。
男は思った。
(昔映画かなにかで見たが魔王の指輪がなんたらかんたらで火山に指輪を捨てに行くような映画を見た気がする。ひょっとしてこのいやな感じのする指輪がその指輪なのではないかと。)
男はちょうど山のふもとにいたし、山頂の火口の中に指輪を捨てに行くことにした。
まずは腹ごしらえして体力を回復してからだ。
男は山のふもとの店でズルズルとそばをすすった。
「うまい、そば粉とつなぎに使われているなにかしら得体の知れないものとの配合のバランスが素晴らしい。そしてなにより水がいい。この水によりそばのおいしさが二倍にも三倍にも膨らんでなんたらかんたらうんぬんかんぬん。」
男はなにやらぶつぶつ言いながら「カップそば」を平らげた。
腹は満たされた。
そして魔物がいるかもしれないからしっかり装備を整えねばならない。
男は山のふもとのよろず屋で、聖剣エクスカリバー(ただの木の杖)と、古より伝わる伝説の兜(ただの麦藁帽子)を買って装備した。ここで注意しなければならないことは装備せずただ持っているだけでは攻撃力も防御力も上がらないから注意が必要だ。
その点男にぬかりは無い。買ったその瞬間、いや買う前から装備している。
準備は整った。
男は指輪を捨てに恐ろしい魔王がいるかもしれない山を登り始めるのであった。




         続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

指輪捨て物語 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ