FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

老人と草

         4


対局が中盤を過ぎた頃、臭男の弱々しい声が聞こえてきた。
「じじい・・絶対・・優勝しろ・・よな・・俺たちの夢を・・かなえてくれよ・・」
臭男の心の声が途絶えた。
老人は心の中では号泣していた。
しかし、対戦相手に弱みを見せるわけにはいかない。
平静を装い、たんたんと将棋を指していく。
老人はいままでにないほど集中している。もの凄い集中力だ。
長い戦いの末、老人は対戦相手を破り、ついに優勝した。
「やったぞ臭男・・・」
しかし老人の顔は悲しそうだった・・・。
あの優勝から半年がたち、また春の季節がやってきた。
あの日、優勝カップと共に臭男を埋めた場所にやってきた。
そこには若々しい芽が出ていた。
懐かしい声が聞こえる。
「じじいがよぼよぼと歩いてやがるぜ。」
「よぼよぼで悪かったな。」
老人の目から喜びの涙があふれた。



         完
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

老人と草 | コメント:0 | トラックバック:0 |

老人と草

         3


そして月日はたち、将棋のアマチュア大会の日がやってきた。
最近臭男の調子があまりよくない。今日は特に調子が悪そうだ。
「臭男、大丈夫か?」老人は大会より臭男のほうが心配だ。
「大丈夫さ、じじい!絶対優勝しようぜ!」臭男は老人にいう。
大会が始まり、老人は臭男の力を借りて順調に勝ち進み決勝まできた。
どんどん調子が悪くなる臭男。
「もう棄権して帰ろう臭男」老人はもう将棋どころではない。
「ばかやろう!ここまできたら夢をかなえようぜ!これはもう俺の夢でもあるんだ!」
臭男の言葉にハッとする老人。
気合を入れなおしたところで決勝が始まった。



         続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

老人と草 | コメント:0 | トラックバック:0 |

老人と草

         2


老人は草を持ち帰った。
これから一緒に生活をするために、老人は草に名前をつけてやろうと思った。
「草では呼びにくいから名前をつけてやろう。青臭いから臭男じゃ。」
老人の抜群のセンスに臭男は文句をつける。
「このじじい!ダセ~名前つけやがって!臭そうじゃないか!」
文句をいいながらも名前をつけてもらい、案外うれしそうだ。
老人と臭男の共同生活が始まった。
老人は話し相手ができて毎日楽しそうだ。
臭男は、口は悪いが案外やさしくて、老人とも気が合う。
そんなある日、老人は臭男に言った。
「わしは昔、将棋指しを目指しておって、今の夢はアマチュア大会で優勝することじゃ。」
臭男は言う「だったらその夢かなえようぜ!俺が対戦相手の心を読んでやるぜ!」
老人はありがたくアマチュア大会に出る事にした。



          続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

老人と草 | コメント:0 | トラックバック:0 |

老人と草

        1


ここに一人の年老いた男がいる。
三年前に妻に先立たれ、老人は一人暮らしをしていた。
趣味は将棋と山歩きだ。
ある日、老人は趣味の山歩きをしていた。
老人には特殊能力がある。植物の心が読めるのだ。
山歩きは草や木の会話が聞こえて楽しいのだ。
そんななか、生意気な草の声が聞こえてきた。
「じじいがよぼよぼと歩いてやがるぜ。」
老人は思った。「よぼよぼで悪かったな。」
植物の声が聞こえてきた「なに!もしかしてこのじじい、俺様の心が読めるのか!」。
老人も驚いた「いったいなんじゃ、この草!わしの心が読めるのか!」。
いまだかつて老人は人の心が読める草に出会ったことが無かった。
運命の出会いである。



         続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

老人と草 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。