FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

ブサイク

         4



男は修羅と化したブスミに近づくが、ブスミは怒りでわれを忘れ男に全く気づかず石を投げ続けている。
男はブスミに変顔をみせて笑わせて落ち着かせてやろうと思った。
「ブスミ、おっす!」
精一杯の変顔をブスミに披露した。
「ぎゃ~~~~~~!!!!!!」
ブスミは恐怖で悲鳴をあげた。がしかし30秒もすると落ち着きを取り戻したようだ。
「なんだ、ブサイクか・・・」
ブスミはさびしそうに言った。
「どうしたブスミ?なにかあったのかい?」
どうやらブスミも月の女神様にお願いしてチャンスを与えられたが、男と同じくいやらしい事をしようとして失敗したらしい。
男は話を聞き胸がしめつけられる思いがした。
自分にそっくりなブスミにいとおしさを感じる。
男はブスミを抱き寄せ、背中のたるんたるんに、たるんだ肉をがっちりつかみながらブスミをみつめる。
「どうやら俺はお前で、お前は俺なんだな。」
男はなんとなくかっこいい気がする言葉を放ってみる。
潤んだブスミの腐った魚のような目が、まるで宝石のようにきれいに思えた。
「あだすがあんたで、あんたがあだす。」
頬を紅に染め、ブスミも男の言葉を繰り返す。
見つめ合う二人には、もう言葉なんてものは必要なかった。
夕日が重なり合う二人の影を映していた。
空にはもう月が昇っている。月はやさしく二人を見つめているようだった。
きっと月の女神様がもう一度だけチャンスをくれたんだね。




         完
スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ブサイク | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブサイク

        3



学校に着いてからもチャンスが到来する。
めがねっ娘で巨乳のB子とは、廊下を曲がるときにぶつかり、なんやかんやで仲良くなりそうになった。
しかし、めがねっ娘で巨乳のB子と握手をするときに間違った振りをして巨乳を揉みしだこうとして嫌われた。それはそれは嫌われた。
学校一のアイドルC子とは、なんかその辺をなんとなく曲がるときにぶつかり、よくわからないがなんやかんやで仲良くなりそうになった。
しかし、学校一のアイドルC子と握手をするときに間違った振りをしてキスをしようとして嫌われた。それはそれは嫌われた。
男は、あの手この手のいやらしい手を試みようとした。
しかし、すべて失敗し3回のチャンスを使い切ってしまった。
{くそ~~!いやらしい俺の馬鹿!サノバビッチ!}
男は学校からの帰り道に色々考え事をしながら帰っていた。
{きっとイケメンなら乳房がちぎれるほど揉ませてくれるし、唇が腫れ上がり紫色になるまでキスをさせてくれたに違いない。くそ~、ブサイクはチャンスがいくらあっても足りないぜ!}
そんなことを考えながら帰っていた男が川原に差し掛かったときのことである。
獣の咆哮のような身の毛もよだつ、恐ろしい声が聞こえてきた。
「ファッキンジャ~~ップ!イエローモンキー共め!ファ~~ック!」
あまりの大声に大気が震えている。ひょっとして地面すら揺れているのではないだろうか。
大声を上げながら川に凄い勢いで石を投げているのはクラスメイトのドブスのブスミだった。
石は水を切りながら飛んでいき、対岸の木にめりこんでいる。
対岸までは、ゆうに150Mはあるだろう。
「ファッキンジャ~~~~~ップ!!!」




         続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ブサイク | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブサイク

         2



目が覚めると遅刻スレスレの時間になっていた。
「遅刻だ~」
男は急いで学校に行く用意をすると、パンを口にくわえて家の外に飛び出した。
(ドスン。すってんころりん。どんがらがっしゃ~ん。)
門をでた瞬間、女の子にぶつかり相手を倒してしまった。
見るとそこには学校で噂のスレンダー美人のA子さんが倒れているではありませんか。
最初のチャンス到来である。
男はジェントルメンを装い、二枚目風に声をかけることにした。
しかし、ただでさえひどい顔なのに、寝起きで顔を洗っていないブサイクはもの凄い顔をしていた。
鼻水が垂れていたのが固まり、もの凄いごっつい鼻くそになっていた。
しかもその目つきは、いやらしいのなんの、普段美人と接した事がない分それはそれは
いやらしい、本当に本当に、ほんまにいやらしい目つきでスレンダー美人のA子を見ながら言った。
「お嬢さん、お怪我はないですか?ぐへへへへ。ひっひっひ。」
たぎる欲情を抑える事ができず、いやらしい口調で言ってしまった。
敏感にそれを察知したスレンダー美人のA子は恐怖におののいた。
「いや~~~~!、こないで~~!けだものに犯される~~~!!」
スレンダー美人のA子は脱兎のごとく、全力で逃げていった。
チャンスを一回消費してしまった。
{くそ~~!いやらしい俺の馬鹿!FUCK!}



         続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ブサイク | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブサイク

          1



「月の女神様!お願いします!卑しく下品で薄汚い生ごみのような、わたくしめに、どうか彼女ができますように!」。
男は毎夜かかすことなく月に祈った。雨や曇りで月が見えないときでも関係なく祈った。
しつこくしつこくギトギトの油のごとくしつこく祈っていた。
男はブサイクだった。
しかし幸いにしてまだ高校生。女の子は周りにたくさんいる。ぐへへへへ。
そんなこんなで今日は願い事をしてちょうど100日目だった。
突如男の頭の中に声が響いてきた。
「毎日毎日うるさいんじゃ!ブサイク!3回だけチャンスを与えるから、勝手に彼女でも作れブサイク!生ごみ野郎の豚野郎!」
ものすごい綺麗な声だがきつい言い方だ。しかしなんだかんだ言って、ちゃんと願いをかなえてくれる。
どうやら女神様はツンデレのようだ。
男はツンデレが大好きだった。男は興奮しつつも女神様に感謝した。
そして夜が明けた。



        続く
ブサイク | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ