FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

花の湯煙パンツ事件

         4



男が皆に追いつくと、そこは断崖絶壁の崖の上であった。
ヨシオ達の巧みなコンビネーションにより、フェチ太郎は崖の端の方に追い込まれていた。
ヨシオとA子とB子は武器を舌なめずりして残忍な笑みを浮かべている。
ヨシオのクサリガマが、フェチ太郎のホクロから一本だけ長く伸びた毛をぶち抜く。
「次は耳だ!ひざまづけ!命乞いをしろ!カカカカ。」
フェチ太郎は悲しそうな表情をしている。
ヨシオはクサリガマをブルンブルン振り回し威嚇しながら言う。
「フェチ太郎よ、何か言い残したことはあるか?ケケケケケ。」
フェチ太郎はゆっくりと口を開いた。
「俺は見たんだ・・・ドブコが捨てられていた子猫たちにフォアグラ、トリュフ、キャビアの世界三大珍味をあげていたのを!あいつ、意外といいところがあるんだなって。意外とやさしいところがあるんだなって。・・・パンツの匂いぐらい、かいでやったっていいんじゃないかって思ったんだよ!!」
ヨシオ達の手から武器が滑り落ちる。目からは、とめどなく涙が溢れてきた。
「そんな理由があったのか・・・命がけでドブコのパンツの匂いをかぐなんて・・・頑張ったんだな・・・フェチ太郎・・・なんか、勢いでこんなになっちゃったけど、ごめんよフェチ太郎。」
ヨシオがフェチ太郎をそっと抱きしめる。
「ナイスファイト!」「ナイスガッツ!」
A子とB子も涙ながらにフェチ太郎に歩み寄る。
3人はフェチ太郎を胴上げしだした。
「ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!」
男はその光景を静かに眺めている。異様な光景だがなぜか暖かい感じがする。
潮風が男の頬をなでる。波の音が心地よく感じる。
「仲間っていいもんだな。」男はそっとつぶやく・・・。
男も自然とその輪の中に入っていくのだった・・・・・。




         完
スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

花の湯煙パンツ事件 | コメント:0 | トラックバック:0 |

花の湯煙パンツ事件

        3



ヨシオが指差したのは普通デスオだった。
ヨシオは語りだす。
「僕はいつも通り美人姉妹のA子とB子をストーキングしていたのでわかるが、僕と彼女達は白だ。残りのメンバーで考えると、俺は前からお前が一番くせえと思ってたんだよ!!この豚野郎が!!」
デスオは必死に否定したが、フェチ太郎とA子とB子は奇声を発しながらデスオをぶん殴りだした。
男は呆然とした。
男はデスオではなくフェチ太郎が犯人だと皆に伝えようとしたが、殺気立った皆の迫力におされて、そのことを言えずにいた。
デスオがボコボコになったそのときである。
ヨシオが笑い出した。
「くははははは、かかかかか、ひっかかったな真犯人め!」
皆の手が止まった。
ヨシオは話しを続ける。
「デスオは犯人ではありません。なぜなら、デスオの声はいつも通りだったからです。ドブコのパンツの匂いを嗅いで、ノドが無事な訳はありません。つまり・・・犯人はこのなかで、ノドと鼻がやられて声がかすれている・・・貴様が犯人だ!フェチ太郎!」
尊い犠牲をだしてしまったが、見事な推理である。
フェチ太郎は別荘から逃げ出した。
ヨシオは近くにあったクサリガマを、A子はマサカリを、B子はチェーンソーを装備してフェチ太郎を追った。
男は横たわっているデスオの無事を確認し、しょうがなく皆の後を追うのであった。




        続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

花の湯煙パンツ事件 | コメント:0 | トラックバック:0 |

花の湯煙パンツ事件

       2



ドブコは汚ったならしいパンツを両の腕で天高く掲げて風呂場からでてきた。
「あだすのおパンツが移動してた!きっと誰かが匂いをかいだのよ!このカス野郎共が!」
嫌そうに言っているが、めちゃくちゃ嬉しそうにドブコは騒ぐ。
男達はドブコの嬉しそうな顔に殺意を覚える。憎憎しい、本当に憎憎しい顔で騒いでいる。
ドブコのパンツを見ると肛門の所に穴が開いている。
きっとあの凄まじい屁で空いたのだろう。
並みのパンツであの屁を受け止めることができるだろうか?いや、できまい。
ドブコの屁は凄まじい。
ドブコはいつもキャノン砲のようなものすごい破壊力の屁を、散弾銃のように広範囲に、ガトリング銃のように連射で放っていたのだ。
匂いも凄い凄い。辺り一面が黄色く染まるような・・・・・まあそれはおいておいて。
ここでメンバーの一人が立ち上がった。
頭ヨシオである。
「犯人はこの中にいま~~す!」
あたりがピンと張り詰めた空気に変わった。
ヨシオは、近くにいるだけで色々しゃくにさわるドブコには部屋に戻ってもらった。
そしてかっこよくスポーティーにエレガントに言う。
「犯人はあなただ~~~!!」
ヨシオが右腕を大きく振りかぶり、メンバーの一人を指差したのだった。



        続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

花の湯煙パンツ事件 | コメント:0 | トラックバック:0 |

花の湯煙パンツ事件

        1


男はリビングでくつろいでいた。すると変な声が聞こえてきた。
「うぉ~~え・・うぉ~~~~え。」
嗚咽をもらしながら、匂いフェチ太郎が風呂場からでてきた。
フェチ太郎は苦しそうに庭にある池に向かった。
「ゲロゲロゲロ~~シャ~~ゲロゲロ~~」
マーライオンのようにゲロを池に噴射するフェチ太郎がいる。
男はいつものことで、フェチ太郎がまたなんか匂いを嗅いだのだろうと、かまわずくつろいでいた。
それから20分が過ぎた頃である。
今度は風呂場から汚らしい声で悲鳴があがった。
「ぎゃ~~、あ~~れ~~、あだすのおパンツが~~。」
ドブスのドブコである。
ドブコの汚ったならしい叫び声で皆が嫌々集まってきた。
メンバーは全員で7人、男4人に女2人に化け物1匹である。大学のときの仲間だ。
7人は金持ちのドブコの海沿いにある別荘に遊びに来ていた。
そこで事件は起こったのだった。



        続く

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

花の湯煙パンツ事件 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ