FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

ライバル

          4




久しぶりの電車だ。隣にはあの若造がいる。
若造は相変わらず豪快な鼻息でプレッシャーをかけてきている。
そんな事をしている間に駅に着き、ドアが開いた。
リベンジ開始である。
若造は相変わらず客をなぎ倒しながら一直線に進んでいる。
若造は男にとっては、もはや敵ではなかった。
男は物凄いスピードで進む。ダンスを踊るかのごとく、華麗に通行人をかわしつつ、見知らぬ女性に余裕の投げキッスまで披露する。
圧勝である。
男は改札をくぐるとニンニクをかじりながら若造が来るのを待っていた。
くやしそうな顔をする若造の顔面にニンニク臭いつばを吐きかける。
この世界では、敗者はなにも言えない。厳しい世界である。
若造はその日以来現れなかった・・・。
それから一日が過ぎ、一週間が過ぎ、一ヶ月が過ぎた。
頂点を極めてしまった男に襲う、敵がいない単調な毎日。
その日も雷がなり、強い雨が降っていた。
気の抜けたような男に、隣の車両からどす黒いオーラをまとい近づいてくる男がいる。
若造だ!若造の体は黒光りしていた。
よほど鍛えてきたのだろう。筋肉の張り具合、テカリ具合が尋常ではない。
それを見た男の目は生き生きとしてくる。
ライバルとの戦い、それは人生を充実させる、最高の娯楽なのかもしれない。




           完
スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ライバル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ