FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

魔女っ子

       4



「ええ~い、こうなったら恥ずかしさという感情が欠落している生物{おばちゃん}にパワーアップするしかないわ!」
少女はふっきれた。そして{おばちゃん}にパワーアップした。
恥も外聞も関係なくなった少女は、超ごっつい鼻毛を生やすために全身全霊で{ワイクルー}を踊る。
「伸びたまえ~!伸びたまえ~!あたしの鼻毛よ、まるで古代アトランティスで作られた神々の金属オリハルコンのごとく強靭な超ごっつい鼻毛よ伸びたまえ!おんどりゃ~~~!」
少女の鼻からグングニルの槍のような超ごっつい鼻毛が、バチコ~~ンと伸びた。
アンドリューとジャアコは鼻毛をつたいワサワサと崖の上まで登ってきた。二人は少女にお礼を言おうとしたが、少女は何も言わずに顔を真っ赤にして走って帰ってしまった。
少女はおばちゃんになりきるにはまだ若すぎたのだ・・・。
豪快な鼻毛を見られた恥ずかしさにより、その日以来、少女は大好きなアンドリューを避けて生活していた。
次の授業は体育だ。しかし授業に出る気がおきない。
教室で少女が一人でぼんやりしていたときである、アンドリューが教室に現れた。
少女はアンドリューを避けるように教室から出て行こうとした、しかしアンドリューがすれ違う少女の手を握った。
「一緒に行こうよ。」
アンドリューは少女に言った。
「・・・・・・うん・・・・じゃあ競争ね。」
少女はハニカミながら答える。
嬉しそうな少女の笑顔にアンドリューも笑顔になる。
アンドリューと少女は体育館に走った。
タッタッタ・・・・
廊下に二人の足音が響いた。




       完
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

魔女っ子 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。