FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

前世ブーム

        4



夜も更けてきたが、マダムキャサリンはまだいるだろうか?
男はマダムキャサリンを探した。
男は先程前世占いがされていた場所を探すとマダムキャサリンがいた。どうやら見物人はいなくなってマダムキャサリンが一人でいるようだ。
男が声をかけようとした瞬間マダムキャサリンが口を開いた。
「あんたが来ることはわかってたわ。占いを見てるふりをしてあたしを見てたでしょ。あんたの目、まるで野獣だったもの。あたしの事が好きなんぶひ~~~」
マダムキャサリンが言葉を言い終わる前に男のビンタがとんだ。
マダムキャサリンの小粋なジョークも今の男には通用しなかった。
「こっちは真剣なんだよ!さっさと占ってくれ!」
「すみませんでした。それでは占います。」
マダムキャサリンは精神を集中し始めた。
「見える!見えるぞ!イ~ッヒッヒッヒッヒ!おぬしの前世は農民じゃ。」
「農民ですか?」
「そうです、農民です。」
「普通ですね。」
「そうですね。普通ですね。」
男は悪い前世ではなくてホッとしたような、ヒーローになれなくてがっかりしたような気持ちになっていた。
マダムキャサリンは言った。
「がっかりしたかい?でもね今回頑張ってなりたいものになれば、来世では今の人生が前世になるんだよ。大事なのは過去ではない。今現在、そして未来なのよ。過去に縛られるな!今を、そして未来を見据えて精一杯生きるのよ!」
男はハッとした。
「今、そして未来か・・・。マダムキャサリンありがとう!俺今から手相を占ってもらいに行くよ!」
「え?ああ・・・うん・・・まあ、頑張りなよ。」
戸惑うマダムキャサリンに男は一礼して去っていった。
男は過去を占う前世占いより、今、そして未来を占う手相占いが大事だと思ったのだろう。
「しょうがない男だね。フフフ。」
マダムキャサリンは街に消えていく男の背中を暖かい目で見送るのだった・・・。





        完
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

前世ブーム | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ