FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

宇宙人

        4



シルバーが宇宙船に吸い込まれていった日から数日がたっていた。
太郎はシルバーがいつもいた場所に毎日通っていたが、そこにシルバーの姿は無い。
「シルバー無事かなぁ・・・」
太郎はシルバーの怪我が心配だった。
さらに数日が過ぎたころ、いつもシルバーがいた場所にひとつの箱がおいてあった。
太郎が箱を開けてみると、中には手紙とシルバーがいつも大事そうに身につけていたライオンの指輪が入っていた。
手紙にはこう書かれていた。
「親分、元気にしてますか。自分はすっかり元気です。
この星に来た目的は地球人達に恐怖を与えてやることでした。
自分はこの星に来る前は、地球人は気に入らないと思っていました。でも親分に会ってなんか地球人が大好きになりました。
よく知りもしないで嫌いだって言っちゃうことあるよね。
人や物事は見ただけではわからない、触れて見て接して見て初めて良さがわかるものだよね。
親分に大切なことを教わった気がします。
親分、友情の証として親分の欲しがっていたライオンの指輪をあげます。
大事にしてくれると凄く嬉しいです。
あ~あ、親分に会いたいなあ・・・
自分は今、用事ができて地球には当分の間遊びに行けないようです。
親分が大きくなったらきっとまた会いにきますね。
そしたらまた一緒にスダコサンとヨッチャンイカを食べながら遊びましょう。
親分、いままでありがとう。めちゃくちゃ楽しかったよ。

         シルバーより        」

手紙を読み終えた太郎の目には涙がたまっている。
「シルバー、無事でよかった・・・。」
泣かないように我慢しようとしたが、太郎の頬を涙が一滴流れた。
ライオンの指輪を握り締め、太郎は空に向かって大声で叫んだ。
「シルバー!聞こえるか~~!親分命令だ~!絶対!絶対また会いにこいよ~!」
少年の声が空に吸い込まれていく。
大空のかなたであいつが笑っているような気がした。



        完
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

宇宙人 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ