FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

犬の旅人 第4話

 ~犬の旅人~ 第4話


 「お前達は、何故最後までやりあわないのだ! 腹を見せ服従のポーズをとるまで喧嘩は終わってはならないのだ! そもそもお前たちは何のために喧嘩を始めたのだ。」

 「おおぉぅ、マジでしゃべってるぜ。」

 「事実は小説よりってやつだな。」

 こいつらは、話を全く聞く気がない! 私は本物の喧嘩をこのジャリ共の体に叩き込むことにし、少年達に正々堂々不意打ちを喰らわせた。

 奇襲…、闘いにおいてこれ程有効な手立てがあるのだろうか?

 私は、この愚かなる少年達に怒りのわん吉アタック(単なる嚙付)を何度も、そう何度も味あわせてやった。

 やつ等が、泣いても2・3回おまけに噛んでやった。

 私はひとしきり満足を得、少年達を正座させ話の続きにうつることにした。

 「こいつが俺の‘どんべえ‘のお揚げを食べたんです。」震えながら少年は切り出した。

 「ひと口くれっていうから、渡したら、こともあろうにお揚げをひと口で平らげたんです。 最後に食べようと楽しみにしてたのに。」

 「ごめん、お揚げの誘惑に勝てなかったんだ。 あいつの誘惑は強烈すぎたんだよ、でもホントにごめん。」バツの悪そうな顔でもう1人の少年は謝った。

 「もういいよ。 でも今度何か奢れよ。」

 「あぁ、今度お稲荷でも奢るよ。」

 少年達はお互いを見合わせ笑顔を見せ合った。

 これだ、この感覚が分からない。

 私は何故、あれほど憎しみあって者がこうも仲良くできるのか問いただした。

 「う~ん、友達だし、言うのも恥ずかしいけど友情ってそんなものじゃない?」

 「そうそう、友達は喧嘩もするけど、すぐ仲直りするんだ。 それが友情ってやつだ!」

 友情? また分からない言葉が出てきた。 

 友情、他者との間で芽生える、互いを大事にする心。
 
 彼らは、拙い表現で何度も言い直し、結論としてそう定義した。

 恋愛と違うのか?と聞いたが、それとは若干違うらしい。 ホントに人間の思考は複雑だ。

 その後、少年達にハンバーガーをご馳走してもらい、私達は友達になった。

 私はお礼に、もう一度ずつ噛み付いて少年達と別れた。

 (つづく)
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

犬の旅人 | コメント:0 | トラックバック:3 |
| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ