FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

デスサッカー

        4




極悪高校の5本目のシュートが終わった。
極悪高校は5本全部決めてきた。弱小高校もいまのところ4本全部決め、次が5本目である。
これを止めれば極悪高校の勝利である。決められれば延長だがワルオの体がもたない。ワルオはもうフラフラである。このまま続けば極悪高校の負けは確実であろう。
そんななか弱小高校の5本目のシュートが始まった。
「いくぞ!ぶっ殺せ!」
弱小高校イレブンがワルオをぶん殴りに行く。
「皆!ワルオさんを守るんだ!デスサークルだ!」
極悪高校のメンバーは弱小高校のメンバーをデスサークルで囲む。
「てめえら邪魔だ!」
弱小高校のメンバーは極悪高校のメンバーをぶん殴り突破しようとするがデスサークルから出られない。
正義一筋さんは極悪高校が一発でも反撃でもしようものなら、すかさず退場させようと虎視眈々と狙っている。
「ワルオさん、後は頼みますよ・・・ぐおおお。」
極悪高校メンバーは殴られても殴られても決して手をださず必死に耐えている。
「おまえら・・・すまねえ・・・うぉおおおおお~~~!かかってこいや~~!」
ワルオは気合十分だ。
弱小キャプテンは舌なめずりをして残酷な笑みを浮かべている。
「そんなフラフラなお前に俺のシュートが止められるか。死ね!」
弱小キャプテンがワルオの顔面めがけて強烈なシュート放った。
「みんなが俺のために体を張って頑張ってくれてるんだ・・・ここで止めなきゃ男じゃねぇぜ~!」
そのときである、皆の熱いハートと情熱がエネルギーとなり、ワルオのリーゼントに集まってきた。リーゼントはまばゆい光を放ち物凄い力を蓄えている。
「くらえ~~~!リーゼントキャノンヘッドじゃ~~~!」
ワルオは強烈な頭突きをボールに食らわした。ボールは恐ろしい勢いで弱小高校のベンチに飛んでいき、じっと体育座りをしていた弱小メガネの眉間に突き刺さった。
パリン
弱小メガネのメガネは割れて吹き飛んだ。それと同時に両チームに満ちていた負のオーラも消えてなくなった。
極悪高校メンバーは歓喜に酔いしれる。弱小高校メンバーも負けたがすっきりした表情をしている。
死力を尽くして試合をしたもの同士だ、試合が終われば友情が芽生える。
レンズが壊れフレームだけになったメガネには、お互いのプレーを称えあう両校の姿が映っていた。




        完
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

デスサッカー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お知らせ | HOME | デスサッカー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。