FC2ブログ

赤いフクロウのショートストーリー

短い小説を書いています。

赤いフクロウのショートストーリーへようこそ

白い悪魔が飽きたようなので、また一人でやろうかな。





たまに奴が思い出したように小説を書くかもしれないが
気をつけよう。



夜空を見上げてごらん、星が綺麗だね。
でもね、僕は思うんだ。
ランキングボタンを押す君の指の方が
はるかに綺麗だよ。

考える人

       3



考える人は今回もくだらないことを考えている。
考える人はゲームをしているときに考えることがある。
この世界の自分以外の全ての人やモノは自分がいない所でも本当に存在しているのだろうかということだ。
自分の今見えている範囲意外は真っ白な世界かもしれない。
脳が自分を騙しているとかそんな話ではなく、実際に存在していないのかもしれないということだ。
自分が部屋にいるとき、今見えているドアの向こうは真っ白な何も無い世界が広がっていて、自分がドアを開けた瞬間にドアの向こうができているかもしれないのだ。
自分の知っている人もそうだ。
自分と会っていないとき本当にその人は存在しているのだろうか?
その存在を確かめるために電話をすれば、相手の声は確かに聞こえるが、声だけがなにもない世界から流れてきているだけなのかもしれない。
そもそも電話の相手は、自分が電話で話そうとした相手本人ではなく、違う「なにか」が話しているのかもしれない。
もちろん話した内容は自分が電話で話そうとした相手にちゃんと伝わっている。むしろ向こうの世界の共通の情報になっているのかもしれない。
ちなみにテレビ電話の画像も本当だろうか?作られた画像を見せられているだけなのかもしれない。
自分に会っていないとき相手は存在していないかもしれないのだ。
自分の視界に入った瞬間、というと少し言葉がおかしい気もするが、あるとき突然相手はなにも存在していなかった世界から出てくるのかもしれないのだ。もちろん会っていなかったときに何かをしていたという付加情報をつけてね。
ゲームをしていて他にも考えることがある。
町の人や敵のモンスター、果ては魔王まで全ての行動や言葉が決まっている。
自分はそのときそのとき色々考えて行動しているので違う気がするが、ひょっとしたら自分以外の他の人は生きてから死ぬまでの行動や言葉が決まっているかもしれない等だ。
もし今までの話しがそうだとしたら、何故自分だけ・・・。
ゲームをしていると色々とくだらないことを考えてしまう。
考える人はゲームを止め、考えることを止めた。
考える人は今回もくだらないことを考えたものだ。
考える人はくだらないことを考えたことを既に忘れてしまっている。




      続く
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

考える人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<考える人 | HOME | 考える人>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
便
もっと
便利に
なりた~い

話題の美顔器が980円


簡単腸内洗浄





いっぱい
うまいものが
食べた~い

生キャラメルで有名な花畑牧場


モンドセレクション金賞のチーズケーキ